婚約指輪でこだわりたいデザイン

婚約指輪のデザインと種類

カテゴリー: 未分類

刻印でオリジナリティを

それでは一体どのようなメッセージを刻印するのでしょうか。刻印する文字の種類としては数字や日本語、アルファベットがあり、それらを組み合わせることでメッセージを作ります。

数字を使うパターンでは付き合い始めた記念日、彼女の誕生日など思い入れのある日付を刻印するタイプが最も一般的です。文字数制限がある中でも表現しやすいことや、大事な日を刻印することによっていつまでも記憶に留めておけることが人気の理由になっています。アルファベットを刻印する時は、WITHYOU(あなたと共に)、FOREVERLOVE(永遠の愛)、TURELOVE(真実の愛)など、英語のメッセージを刻むケースと、YtoN(ユウタからナオコへ)といった具合にイニシャルを用いて少ない文字数で表現するパターンがあります。英語のメッセージを刻む場合は、素直に愛を表現するセリフが好まれます。また数字とアルファベットのどちらも用いて、記念日+イニシャルなど組み合わせたパターンもとても人気があります。

いずれのメッセージを入れても、その文字は指輪に刻み込まれずっと残るものとなりますね。どんな言葉が相手は喜ぶのか、しっかりと考えて刻印してみて下さい

外見のデザイン

婚約指輪のデザインはおおまかに5種類あります。ソリティア、メレ、パヴェ、エタニティ、宝石リングの5つです。

ソリティアはリングの中央に宝石を一つだけセットしたタイプの婚約指輪です。婚約指輪の定番デザインとして高い人気があります。宝石を爪で固定するパターンが多く、ダイヤモンドを据える場合が多いです。メレはメインの宝石の横にメレダイヤと呼ばれる大きさが0.03カラット以下の小さなダイヤを添えた婚約指輪です。メインの宝石の美しさが際立ち、指輪全体でも華やかな印象のデザインです。パヴェは中央の宝石の他にも、アームにメレダイヤを敷き詰めたデザインをしています。ふんだんにダイヤモンドが使われており、非常に豪華な印象を見る人に与えます。また中央にも大きな宝石を据えるタイプもあります。

エタニティは、同じサイズとカットのダイヤモンドをアームに並べたデザインです。一周並べたフルエタニティと、半周だけのハーフエタニティがあります。パヴェよりも均等に大きなダイヤモンドを用いるので、そのダイヤ一つ一つが主役の様な輝きを放ちます。宝石リングは誕生石など、ダイヤモンド以外の宝石を用いたデザインです。有色の宝石を用いた鮮やかな発色が魅力的です。自分の誕生石の宝石を選ぶなど、より思い入れがあるデザインを選ぶことが出来ます。

┌TOPIC
婚約指輪(エンゲージリング)フェア情報|ガラ おかちまち 御徒町・銀座・新宿・横浜元町のダイヤ・ルース・ジュエリー
ソリティアやハーフエタニティなど婚約指輪のデザインを取り揃えている宝飾メーカーです。

婚約指輪のデザインについて

大切な女性に贈る婚約指輪を選ぶ時に、即決できる人はなかなかいないと思います。自分の給料の3か月分が値段の相場とよく耳にします。しかし決して値段としての価値だけでなく、その人が本当に喜んでくれるのか、満足するのかを第一に考えるのではないでしょうか。その時に重視するポイントの一つに見た目、つまり「デザイン」がありますね。実際に結婚指輪は様々なデザインや装飾が施されており、女性がデザインを重視していることは事実です。

そのデザインには宝石を含めた外見と、内側にメッセージを掘る刻印の2種類があります。
宝石の種類や個数、アームの太さや色、材質は何が用いられているかなど、それらの組み合わせで無数の種類の指輪が存在します。また婚約指輪には刻印を入れない場合もありますが、指輪に刻印を入れて贈る男性も多く、やはりメッセージを指輪に込めた方が特別感を演出することができます。刻印は指輪の内側にメッセージを入れるために文字数が限られます。その中でいかにして自分の想いを表現するかが重要になってきます。

今回は、婚約指輪のデザインに関する内容を記事にしました。流行りやトレンドがある中で、比較的オーソドックスなデザインのタイプを網羅しましたので、ご紹介したタイプにプラスでその人らしいアレンジを加えると特別な婚約指輪を選んでいただけると思います、これからプロポーズを考えている方が、婚約指輪を購入する際の参考にしていただければ幸いです。